子供の成長と山本五十六の言葉

こども
03 /21 2013
ご近所には、さぁちゃんと同じ歳の子が多くて、とても恵まれた環境。

昨日は、みんなと公園で遊んできました。

それぞれ下の子もいるから、とってもにぎやか。

思い返せば、、、
その公園で、みんな1歳~2歳の頃に知り合った幼なじみ。

最初は、ひとりの母親とひとりの子供。

知らない土地で初めての育児に不安をかかえながら、

無性に広く感じる公園で遊んでいたのに。

今は、たくさんの母親とたくさんの子供、みんな知っている顔。

同じ公園とは思えない。

ママ達には、年齢や考え方が違うからこそ、

自分にはない発想やアドバイスをもらって、何度救われたことか。

子供を愛する母親として、それぞれ方法は違ってもたどり着く想いは一緒。


鬼ごっこする後ろ姿、いつの間にかみんなあんなに大きくなって。



自分がどれだけいい母親やれてるかなんて、わからないけど

素直ないい子に育ったたくさんの子供達が、仲良く遊んでいる姿を見ていたら、

母親達も、みんな一緒に成長してきたんだなぁと思ったりして。

育児の戦友たちに感謝☆


そしてこちらは、はじめての育児、しつけなどについて悩んだとき出会った言葉。

「やってみせ、言って聞かせて させてみせ、
               褒めてやらねば、人は動かじ」


                 山本五十六(元帥・海軍大将・連合艦隊司令長官)



さぁちゃんも、大きくなったといっても、まだ5歳。

そして、2歳のはるも、そろそろ少し落ちついて

日々、いろんなことを理解しようとしている。

あれしなさい、これしなさいとガミガミ言ってばかりじゃいけない。

この言葉のように、丁寧に、寄り添ってあげなければ。

ちょっと育児に疲れたとき、この言葉を思い出して深呼吸。。。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

miso

みそいち好奇心。へようこそ!
31歳(みそいち)から始めたこのブログ。


2007年5月、さぁちゃん(娘)
2010年7月、はる(息子)出産。

典型的なO型人間、misoをよろしく!